top of page
検索
  • 執筆者の写真yu a

今ここ(左脳と右脳)

更新日:6月29日

私たち人間は、考えたり感じたり、欲求や理性とのバランスをとるなどを記憶領域の情報を元に、左脳と右脳との連携で意思決定を行います。


脳のつくり

脳は左脳と右脳に分けられていて真ん中に脳梁があります。

大きく括ると

左脳で考え、

右脳で感じ、

脳梁がそれを連携します。


右脳優位と左脳優位

現代人は脳の使い方が左脳優位と言われています。


  • 言語や計算や理論をフルに使う仕事

  • 本質に合わない価値観や想い(信じ込み)

  • 本音より建前

  • インターネットの普及による情報過多

  • 時間に追われる日々 など


左脳を働かせることは、現代社会を生き抜く上で大切なことだと思います。

左脳の働きが活発な人は論理的思考や高度な分析力、客観視能力に優れています。


でもそれが過剰になったり、左脳と右脳の連携やが悪くなったり、左脳の働きが過剰になると、何かしらの弊害が私たちの意識や現実での出来事に現れます。


左脳が優位な状態とは

どんな感じなのでしょうか?

左脳優位になると、右脳で感じる感情や欲求は感じにくくなります。思考が遮るイメージです。


右脳の声はその人の本質の声ですから、左脳の思考だけに従って生き続けたら、どんどん自分の本質から遠ざかった生き方を選ぶことになります。


右脳優位な状態とは?

右脳優位に切り替えるとどんな変化が起こるのでしょうか?

左脳の仕事である思考が止まると、

右脳が働き始めます。

それは意識が今にある状態です。

(マインドフルネス、瞑想状態)


それまで思考で忙しくしていた脳は、

五感へ意識が向かいます。

目の前の景色、臭い、周囲の音、肌で感じる空気、味覚、、五感を働かせている時とは、今ここにある状態なんです。


☆ 過去と未来を切り離し今を生きる時、思考により作られた不安や恐れも今ここには存在しません。

嫌なことを思い返したり過去の出来事を後悔したり、先のことを不安に思うこともなくなります。


☆ 世界をコントロールしなくて良く、自分の目標に集中出来ます。


☆ 直感やひらめきが良く働くようにもなります。

意識は意識全体の5パーセント程に過ぎす、無意識が95パーセントを占めています。

無意識はとても賢いです、直感に従って生きると自分の本質に合った生き方が出来ますし、物事がどんどん良い方へ進みます。



右脳優位になるには?

左脳の仕事を完全に止めるまでしなくても

左脳が右脳に歩み寄り、仲良くなること(連携)が大切だと思います。


左脳が働いて思考が発生したことを悪く思う必要はありません。

「あ、今こんな思考が出てきたな」

とただ俯瞰で見るイメージです。

するとまた右脳優位の状態に戻って行きます。


右脳優位で生きる先にあるもの

思考に使うエネルギーは相当な物だと感じます。

思考を休めて感覚優位になるのは自分にとても優しいですし、毎日がとても楽しく幸せに感じられます。

今を生きるって素晴らしいです(^^)

素敵な未来は今の延長線上にあります。

今を幸せと感じられるなら未来を不安視する必要はありませんよね。


RASは、右脳にはたらきかけていくセッションです。

終わると「頭がスッキリしたよ」と感想を頂くことも多いです。そして、気が付くと現実が良い方へ変化しています。

皆さんもRASを体験してみませんか?



RASの代表の松坂さんがFacebookで投稿されていた動画のリンクです。

https://youtu.be/UyyjU8fzEYU


あと、先日友だちが面白いから見てと勧めてくれた動画、こちらはネドじゅんさんがゲストの回でとても面白かったです。

https://youtu.be/iYperEutU3c


参考文献

ネドじゅんさん著

左脳さん、右脳さん。: あなたにも体感できる意識変容の5ステップ https://amzn.asia/d/958Zs7B

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post
bottom of page